システムベンダー様へ

このページをご覧いただきありがとうございます。
厚生労働省では労災レセプトのオンラインシステムを導入した労災指定医療機関、労災指定薬局様を対象に、
導入支援金という形で導入費用の一部を支援する事業を行っています。(詳しくは導入支援金とはをどうぞ)
申請に際してシステムベンダー様から発行された書類を添付することが必須となっています。
ご留意頂きたい点やご協力いただきたい点、本事業に関する情報をシステムベンダー様向けにまとめたページになりますので、ご参考にしていただければ幸いです。

支援金申請に必要な書類

契約書・納品書・領収書 作成の際の注意点

  • 全ての書類に「労災レセプトの導入費用」である旨の記載がある事。
  • 一体型ソフトや、他のシステムも併せての導入の場合、そのうちのいくらが労災レセプト の導入費用にかかるのかという内訳の記載がある事。
  • 労災レセプトの導入支援金の対象となるのは、労災レセプトのソフト本体代及び、労災レセプトの導入設定作業費です。一体型ソフトの場合、ソフトの中の「労災レセプトのオプション」のみの内訳を明らかにして頂く必要がございます。 (一体型ソフトのオプション代を割り出せない場合は、支援金の対象外となります)

契約書

納品書

領収書・領収証明書

領収書・領収証明書は原本のご提出をお願いしています。
二枚目が必要な場合は再発行をお願いします(印紙は必須ではありません)。